2017年10月29日日曜日

【感情のコントロール】 (8) 理念を掲げ、大義名分を持ち、器大きく、笑顔で、力強く、この道を、前へ、進もう。

理念を掲げ、大義名分を持ち、器大きく、笑顔で、力強く、この道を、前へ、進もう。


・他人の考えや行動を受け入れず、こだわりが強く、視野が狭くなってしまう

・最後まで全部自分がやらないと気が済まず、完璧主義者で、協働することができない

・相手に迷惑かけるから、「貸し」を作りたくないからと考え、他人からサポートを受けるのを嫌ってしまう

・他人をサポートするのも嫌い、「めんどくさい」が口癖で、自己中心的な考えをしてしまう

・他人の目ばかり気にして、重箱の隅ばかり気にしすぎてしまう

・他人の目や噂ばかり気にしすぎてしまう

・見返りを期待して、他人をサポートしてしまう

・見返りがないと、相手に失望し、無視したり、攻撃をしたりしてしまう

・プライドが高く、他人が手柄を取ってしまうことを心配し、他人の足を引っ張ってしまう

・すぐに嫉妬したり、イライラし、他人にあたってしまう



誰にでもさ。1つは2つは、当てはまることがあるよね。



他人はね、その人の言動と行動を見て、信頼したり尊敬の念を抱くもの。他人は、言葉だけじゃ、動かないし、動かせないよ。

だから、まずは、自分が変わろう。笑顔で周りの人を「応援と感謝」しながら、プロジェクトに巻き込んでみよう。

いつも一生懸命、「応援と感謝」を基に、理念を掲げ、大義名分を持って笑顔で進んでいけば、期待せず、人に責任転嫁せず、言い訳せず、器大きく自分の課題に取り組んでさえいれば、いつの間にか、仲間が集まって来て、知らぬ間に「応援と感謝」の輪が広がっていくよ。

信頼と尊敬を得るためには、言葉だけに頼らないこと。日頃の君の行動、言動、理念、大義名分が大切。そして、それを支える武器が、君の、器の大きさ、心の広さ、気配り、最高の笑顔さ。

だから、常に、見返りを求めず、気づかれない気遣いと、応援と感謝から始めよう。

さぁ、理念を掲げ、大義名分を持ち、器大きく、笑顔で、力強く、この道を、前へ、進もう。

魔法の言葉 (感情のコントロール
新・魔法の言葉 (感情のコントロール
明朗闊達

2017年10月22日日曜日

【今を生きる】 (8) 「できる人」は、解決への道筋を、その本質から導き出せる人。そして、概念を手に入れ自由に使いこなしている人。だから、 1つ1つの場面で、解決の試みを後回しにするのは、もうやめよう。

「できる人」は、解決への道筋を、その本質から導き出せる人。そして、概念を手に入れ自由に使いこなしている人。だから、1つ1つの場面で、解決の試みを後回しにしないよ。今、すぐ、考え、理解し、相手に伝わるプレゼンの訓練をしているからさ。だから、本質を見極め、解決のための道筋を1から導き出せるんだ。

できる人は、「わからない」って言って、逃げない、あきらめない。宿題にするといって、来週に持ち越さない。どうせ、宿題にしても、提出前に慌ててやるだけだからさ。本当はさ。「めんどくさい」と考え、「わからない」という悪魔の言葉を使って、自分に言い訳しているにすぎないんじゃない?

本気で、後回しにせず、学ぼうよ。勉強って楽しいよ。新しい知識や技が手に入り、使いこなすことができるようになるんだから。そして、問題を発見し、問題を解決できるようになるんだからさ。ワクワクするよね。

だからさ。ほらほら、暗記して知識をすぐ吐き出し、高得点を取る、そんな勉強法から、早く卒業しよう。テストが終わって、すぐ忘れちゃう?本質を理解していないから、自分の言葉で相手に「伝わる」プレゼンができていないから、忘れちゃうんだよ。

だからね。本当に「できる人」は、後回しにしないよ。すぐにその場で復習し、知識を定着し、人に伝え情報を共有する。そして、頭のタンスの中に1度しまい、「3の倍数」の日が経過したらタンスの外に出してみる。今までため込んでいた知識や技と新しい知識と融合させ、新しい価値観や考えを生み出していく。

そうしていくとね。多方面からの価値観や考えが融合していき、いつの間にか、1つ1つの事が、定式化され、法則化され、一般化され、概念になっていくよ。そうやって、段階を経て概念にすることができれば、逆に、本質を見極めることができる。

あのね、ズルして概念を暗記したって意味がないよ。教科書や参考書を読んでも理解できないのは、これが原因。3の倍数で、新しい価値観や考えを生み出していくと、ある日、突然、壁の方から崩れていき、理解が進み、このことで、解決への道筋を、その本質から導き出せることができるからさ。そして、後から教科書や参考書を読んでごらん。今まで理解できず、あきらめていたことが、簡単になっていて、とてもよく書かれていることに気付くからさ。

これはね。英会話を学ぶことと、似ているかな。英語が得意な人なら、わかると思う。最初は、初歩から基本まで、しっかり学ぶことが大切。解決の試みを後回しにしてはダメ。でも、英会話が上達してしてくると、いつの間にか、壁が崩れてくるよね。英語脳になってくる。頭に文章を思い浮かべてないし、1つ1つの言葉を抜き出し意味を確認してもいないよね。細かいことは気にせず、概念から本質を拾い出し、「よーするに」っていって、いつも考え会話しているんじゃない?そうでなければ、あの会話の速さに、ついていけないからね。

だから、「できる人」は、解決への道筋を、その本質から導き出せる人。
そして、概念を手に入れ自由に使いこなしている人。
さぁ、明日から始めてみよう。

1つ1つの場面で、解決の試みを後回しにするのは、もうやめよう。


魔法の言葉 (今を生きる
新・魔法の言葉今を生きる
明朗闊達

2017年10月8日日曜日

【感情のコントロール】 (7) 嫉妬したり自己嫌悪に陥り、相手や自分を攻撃するのも、もうやめよう。

相手に気づかれない気遣いをすることや応援と感謝するということは、相手に期待すること、相手を自分の思い通りにすることでないよ。他人へのおせっかいや、他人に期待し相手に課題を押し付けること、こんなに尽くしたのにと情を押し売ることでもない。あとね、嫉妬したり自己嫌悪に陥り、相手や自分を攻撃するのも、もうやめよう。誤解されることを恐れたり、先入観を持ち相手を警戒したりすることなく、ただ純粋に相手に共感し自分の境界をなくすこと。そう。ただ純粋に「応援と感謝」をするだけで、そして、「大義名分」の旗を掲げ行動していくことで、自分の言葉や行動に気持ちや重みが備わっていき、知らぬ間に相手に伝わっていくからさ。

全文: 共感すること。自分の境界をなくすこと。もっと、ポジティブになろう!バカやろう!

魔法の言葉 (感情のコントロール
新・魔法の言葉 (感情のコントロール
明朗闊達

2017年10月1日日曜日

【ポジティブ】 (5) 締切の数だけ、強くなれる! 「安全・安心・安定」ではなく、「変化」を楽しもう! 逆境を笑え。そして、この道を信じ、堂々と、力強く、前へ、進め。

締切の数だけ、強くなれる! 「安全・安心・安定」ではなく、「変化」を楽しもう! 逆境を笑え。そして、この道を信じ、堂々と、力強く、前へ、進め。

本当はさ。逆境だから笑えないよね。クヨクヨ迷い、凹んでばかり。言い過ぎちゃったり、やり過ぎちゃったり、誤解されたり。時には、プレッシャーに押しつぶされそうになって過呼吸になったり。

僕はね。講義ではさ。教壇に一人で立ち、プレッシャーと闘ってるんだ。学会でもさ。世界の優秀な研究者相手に、一人でプレゼンテーションに臨んでいるんだ。研究者として、世界の舞台にあがているんだから、自分が1番できる!と思い、言い訳なんかせず、堂々と自分の主張を展開し、やりぬかなきゃならない。だって、自信がない人は、信頼を勝ち得ないからね。

そしてね。僕は、研究者だからね。好きなことやってるからね。好きなことできるからね。研究室で研究しているのが、仮説を実証しているのが、一番楽しいし、最高の幸せ。僕はさ。僕らの社会を支える技術の進化を図りながら、人の前に出て、そして、「楽しい」「らっぴー」「ガーヒー」って笑いながら、クリエイティブなこと、最期まで、やり遂げたい。

だれもができないこと。僕しかできないこと。この世界に、岩尾は、2人、必要ないからね。だから、どうせならさ、「安全 安心 安定」ではなく、「変化」を楽しもう!そう。逆境だからこそ、自分の道を信じ、堂々と、力強く、前へ、進もう。

「締切の数だけ、強くなれる! 「安全 安心 安定」ではなく、「変化」を楽しもう! 逆境を笑え。そして、この道を信じ、堂々と、力強く、前へ、進め。」

全文: 「明朗闊達」 共感すること。自分の境界をなくすこと。もっと、ポジティブになろう!バカやろう!

魔法の言葉 (ポジティブ
新・魔法の言葉ポジティブ
明朗闊達