2017年8月18日金曜日

【アメリカ運転免許】 (4) 運転関連 - 2


・長距離の運転をしたときは、油断をせず(alert, awake)、車の中に新鮮な空気を入れ、眠くなったら、道路の外に停車し休んでください。

・運転するときは、道路状況や天候に配慮して運転してください。スピード制限をまもったり、交通の流れは関係ありません。

・あまりスピードの出すことができない車は、2車線道路の場合、後ろに5台以上の車がつまったら、路肩に行き(道路の脇に行く(pull over))、後ろの車に先に行かさなければなりません。

・青信号のとき交差点に入った場合、横断している人に注意し、他の車に注意しなければなりません。

・交差点で、危険な車が無い場合、赤信号でも右折することが出来ます。

・横断歩道で、前の車が止まっている場合、横断している人がいる可能性があるので、自分の車も泊まる必要があります。

・歩行者(pedestrian)が道を渡ろうとしているとき、横断歩道かどうかにかかわらず、彼らに優先権があります。

・他の車を牽引する場合、ロープの中央につける旗の色は、白です。

・事故現場に差し掛かった場合は、徐行して警察官の指示に従わなければなりません。

・車間距離の適正距離は、2秒間です。

・サイレンを鳴らしながらパトカーや救急車が来た場合、道路の脇に寄せて停止しなければなりません。

・片側1車線の道路前方でスクールバスが赤いライトを点滅させて停車している場合、バスが発車する、もしくは、赤いライトの点滅が終わるまで待たなければなりません。
近くの車を探したとき、サイドミラー(left mirrors)やバックミラー(inside rear-view mirrors)では、見えないかもしれません。これを、「blind spot」といいます。

・眠くなったら、安全な場所に停まり、休憩をしなければなりません。
自転車走行レーンのそばを走っていて、右折する場合、信号に注意しつつ、自転車やバイクに注意し、自転車走行レーンに移らなければなりません(Merge)。

・法律的に、自分が優先権(right-of-way)を持っているといっても、常にそれを主張するべきではない。

・バイクや自転車は、自動車と同じ権利を持っているので、バイクや自転車を探さなければならない。