2017年1月16日月曜日

【アメリカ運転免許】 (3) 飲酒・薬関連

・警察官がアルコールテストをしろと言われたら、血液、息、尿(urine)のテストをうける可能性があります。
アルコールが原因の死亡事故は、約50%です。

・ふたが開いたアルコール容器は、両親もしくはガードマン(guardian)?があなたと一緒のとき、もしくは、トランク(trunk)に容器(bottle)を入れているときのみ運ぶことができます。

・飲酒運転は、0.1%以上は、完全に法律違反(illegal)です。

・アルコールテストは、いついかなる場合でも警察官の請求に応じ、受けなければなりません。

・飲酒、薬、思考・行動・注意力が薄くなるなどの症状があらわれる医者・薬剤師からもらった薬を飲んだ場合や、注意力が散漫なときは、運転をしてはいけません。

・眠くなる薬(pill)、精神安定剤(tranquil)、痛み止め(pain medicine)、風邪薬(cold medicine)、アレルギー薬(allergy)、麻酔薬(medication)を飲んだ場合、運転してはいけません。また、アルコールと一緒に飲んだ場合、悪い影響がでます。この場合、intoxicationといって、初回でも罰則が重くなります。

・implied consent lawとは、黙示の承諾や黙示の同意の法律、を意味しており、アルコールテストを受けることをどんなときでも同意することを言います。