2017年1月9日月曜日

【アメリカ運転免許】 (2) 事故関連

・もし、事故(accident)に遭ったり、かすったり(shave)、かすりそうだったり(close shave)したら、何が悪かったか、だれのミスかを考えましょう。

・事故車のうち、一台でも$500以上のダメージがあった場合は、事故の後、financial responsibility reportを作らなければなりません。

・もし、事故で、怪我をしたり、死んだり、$500以上のダメージを受けた場合、Department of Motor Vihiclesにレポートを出したり(?)作ったり(?)しなければなりません。

・もし、駐車中の車にぶつけてしまった場合、その車の所有者を探し、もしみつからなければ、あなたの身分、名前、アドレスなどを車に置いておかなければなりません。

・事故に巻き込まれ(involve)、だれかが怪我をしたり、死んだりした場合、local law enforcement officers や highway patrol officerに知らせなければならない。

・警察官の請求に応じて、保険(insurance)や他の財政責任証明書(financial responsibility)などを見せなければならない。

・他の車に駐車中にぶつけられたら、local law enforcement agencyにレポートを作らせなければならない(未確認)し、他の車にもぶつかっていたら、その車の持ち主にも知らせなければならない。

・3年間に一回でも交通事故を起こした(traffic conviction)ドライバーは、交通事故を起こしていないドライバーと同じ確率で事故を起こします。