2015年12月27日日曜日

2 自分のリズムを信じて、失うことを恐れず、リセットしてみる。

「自分のリズムを信じて、失うことを恐れず、リセットしてみる。」

やりたいことや新しいことを始める時、壁にぶつかっている時に、もし上手くいっていないのなら、何かを失うことも大切。今までのしがらみ、やり方、慣習、つながり、自分の言動があり、そして、仲間がいて、情もあるかもしれない。このため、何かに期待したり、執着したり、失うことが不安で恐れているかもしれない。しかし、それが自分の行動の幅を狭め、次に進めず、立ち止まっている原因であれば、自分のリズムを信じて、失うことを恐れず、リセットしよう。

もちろん、継続は、「最高の魔法」。しかし、それでも前進できない時は、自分のリズムが整っていない証拠。自分のリズムによる可能性を信じて、撤退してみるのも選択肢の1つ。リセットして、もう1度、1から作り直してみよう。

いざ、リセットしてみると、しがらみから解き放たれ、自分の心に新しい風が吹いてきて、自分の新しい成長が始まることを実感していく。今まで気づかなかったことが新鮮に感じ、仲間の温かさに気づかされる。次第に心のブレーキがはずれ、自分の価値観が変化し、プライドが崩れ去る。なぜ意地を張っていたのかと考え、前向きになれる。そして、今までの経験を踏まえ、自分にも人にも優しくなれる。すべてのことに素直に感謝できるようになる。自分の心の器が大きくなる。自然と笑顔になる。

そうすると、新しい物、人、情報がどんどん入り込んでくる。環境が変わり、自分本来の活き活きとした姿が戻ってくる。次第に新しい仲間もどんどん増えていき、ワイワイ楽しい、ワクワクしたことが始まっていく。プロジェクトがうまく回り始めると、締切という壁も出てくるけれど、その壁を乗り越えることで、締切さえも楽しくなる。環境も、立場も、締切さえも、「人をつくる」ことができる。

そして、不思議なもので、一度失ったとしても、本当に必要な物は、また手に入るし、本当に大切な人とは、またつながることができる。自分のリズムを信じていれば、縁があるものは、必ず手に入るし、またつながれる。

だから、もし、壁にぶつかって、うまくいっていないのであれば、自分のリズムを信じて、失うことを恐れず、リセットしてみよう。


魔法の言葉, No.4, MW-0004
何かを得るためには、何かを失うことも大切!失うことを恐れて、自分の価値観やプライドを守り、意地を張るのは、もうやめよう。期待せず、執着せず、器大きく、前進しよう。

2015年12月20日日曜日

1 「リスクなくして、成長なし」 「才能とは、情熱や努力を継続できる力」

「リスクなくして、成長なし」 「才能とは、情熱や努力を継続できる力」

先日、NHKテレビで羽生善治三冠の特集を観た。羽生さんは、小学1年生で将棋を覚え、中学3年生で四段に昇段、25歳で7タイトル全制覇を達成した、文字通り将棋界最強の棋士である。いつもスポットライトを浴び続けていた羽生さんであるが、30歳を過ぎた現在壁にぶちあったっている。2年前には、タイトルが1冠にまで落ち込んだ。その際には、同期でいつもライバルであった森内俊之名人(棋王)に続けて敗れるという屈辱も味わっている。そんな30歳を過ぎた羽生さんの二つの言葉が非常に私の心を打った。

「リスクなくして、成長なし」 「才能とは、情熱や努力を継続できる力」

通常、我々なら「チャレンジ精神」、「冒険心」、「積極性」という言葉で置き換えられそうな内容であるが、長い間、勝負の世界に身を置く羽生さんだからこそ、あえて「リスク」と言う。勝つ怖さ、負ける怖さを知っているからこその言葉であろう。そして、成長するためには、情熱や努力が継続できなければならないということであろう。

小生も30歳を過ぎた今、振り返ってみると、10代、20代の時のようなチャレンジ精神や冒険心、積極性は影をひそめていないだろうか。情熱や努力は継続しているであろうか。それは、教員という立場になり学生を指導するようになって、また、親から独立し収入を得られるようになって、顕著に表れていないだろうか。おごりはないか。現状に満足し守りに入っていないか。30代には30代にしかできない「リスク」があると思う。それを選択するのか、現状維持で守りに入るのか、それとも逃げ出してしまうのか・・・。さらなる自己成長をするために、今、本当に何が一番必要なのか、じっくり考えたい。

羽生さんを応援したいし、それに相対する同期の森内さんも応援したい。この二人を励みにし、そして私のモットーである「アークのように明るく、雷のように激しく情熱的に!」、さらに活発に研究・教育活動を進めていきたいと思う。

*プラズマ・核融合学会誌 編集後記 2006年8月号 岩尾徹 著 より転載。